みなさんこんにちは。


今回はアクリジョンとABSの関係について書きます。

51soevSZPzL._AC_

「ABSに塗装すると割れやすい!」という話はこれまでもさせてもらいました。


  • ラッカーは割れる。
  • 水性アクリルも低確率だけど割れる可能性がある。
  • ガンダムマーカーは割れる。



では昨今新しく出た「アクリジョンで塗装するとABSは割れる?」
となると思われますので、そのことを書きたいと思います。





結論

基本的に割れない!

となります。
実はこの結論については公式からしっかりとしたお墨付きがあります。
かなり安心な情報ですね。

参考URL = <https://twitter.com/creoshobby_info/status/1319089019498590210





なぜ割れない

アクリジョンは他の塗料と比較して、プラにくっつく方法が違います。
水性アクリルやラッカーは、中に含まれる溶剤がプラの表面を溶かし、塗料をくっつけます。

しかし、アクリジョンは塗料そのものが、接着剤のようになっています。
そのため、溶剤成分がものすごく少なく、溶剤浸透が非常に起きません。


そしてその結果

ABSの割れの原因である溶剤が浸透して脆くなり割れる。

というリスクを限りなく少なくすることができるのです。

アクリジョン ABS





注意点

注意したいところなんですが、あくまで「溶剤成分が少ない」という特性が重要です。

例えば
「ラッカー用うすめ液(溶剤)」での希釈。(なかなかないですが)


この場合は、溶剤が足されるためアクリジョンでも割れる可能性が高くなっていきます。
それでも少ないんですけどね。
アクリジョン ラッカー



ではアクリジョンうすめ液では?


アクリジョンうすめ液はさすがに「アクリジョン専用」ということもあります。
今のところ割れてはいません。

60094


溶剤こぼしてでランナーをびちゃびちゃにしてみたときも割れませんでした。
やはりアクリジョンはかなりABSには優しいのかもしれません。

うすめ液 アクリジョン





まとめ

  • アクリジョンは公式のお墨付きで割れない
  • 理由は溶剤成分が少ないから。(割れの原因の溶剤が染みこむということを防げる)
  • 希釈専用薄め液か「◎」ラッカーうすめ液などで薄めると割れる可能性が上がる。

となります。 最近はアクリジョンもベースカラーという下地塗料があるため、とても塗り易くなりました。
使ってみると筆運び、吹き方、希釈などのコツもわかると思われますので、色々お試しください。



ということで今回はここまで。
次回もよろしくお願いします。