FullSizeRender

■ガイアUN‥? 

ガイアUNとは『電撃ホビー』という雑誌の中で出てきたACの通称です。

ACVIのGAIAをベースとしてるため、GAIA-UNとされてます。
本来的にはAZ01という名前。

GAIA-UNは当時の雑誌限定キットとなってますので私は持ってません。そのため普通のGAIAを改造し、仕上げます。

今回もジャンクの寄せ集めと複製でレストアしつつ作成します。


FullSizeRender
▲パーツの破損欠品欠、よくわからん塗料がついてるのもいつも通り。





■実験機だし実験! 

キットの雰囲気は薄紫寄りの青でかつ、特殊な塗り分けパターンが満載。
いわゆるガンダム00などのデザイナーズカラー版みたいな感じです。

AC的な雰囲気としてはACFFに近くハデハデおしゃれ感全振りです。しかし、実験機という兵器ということを考るとちと辛いため、彩度明度を落としつつ、仕上げていきます。

IMG_7449

個人的にアクリジョンベースカラーで塗り上げるとどんな感じになるのかを試したかったため、彩度の低いアクリジョンベースカラーを活用して塗装。

そこからシャドウを足して色のトーン調整して兵器っぽさを出していきます。



■実験機特有の尖り具合

改修工作についてはいつもの通り行います。流石に今回で3機目なので慣れてきました(笑)


造形そのものは非常に良いのはいつものこと。ただ今回はヤスリでの研磨やシャープさを増し、全体のシルエットを尖らせてます。

IMG_7715
▲コアユニットのパーツの一部、段差がある所は削り込みツライチに、羽もシャープに尖らせてかつ滑らかにしてます。


これはガイアUNは見た目は普通ですが、中身次世代実験機という設定。
性能的には見た目はザクだけど、中身はニューガンダムぐらい違うので結構無茶苦茶して行く予定です。




■CORE 

コアパーツは表面処理やエッジのシャープ化を徹底してます。

FullSizeRender
▲脇〜先端まで続く青いパーツのガタガタしてるラインは全て瞬間接着剤を盛ってから削り込みエッジをシャープに。

大きめのヒケなどは全て瞬着処理。

最終的に刺々しさと生物的な滑らかさを目指すようにしてます。

FullSizeRender
いわゆるC面を強調しないように削り込みつつ、段差や折れなども滑らかめに調整し、ネクスト的なラインを目指してます。


クリアーパーツはかなりハメ込みが悪く0.5mm近く飛び出てしまいますので、ツライチになるように修正。

FullSizeRender
ツライチ工作はシンプルで、ハメ込んだ状態でガリガリと削るだけです。

その後は600→1000で削り傷消し。
最後はコンパウンドを荒め、細目と磨いて仕上げてます。

FullSizeRender
▲1000番以上のやすりや、コンパウンド仕上げ目なんてのもありますが、ちょっとしたパーツなら割とこれでも全然いけますのでいつも私はこれくらいのものを使います。



FullSizeRender
▲細めまで磨けばここまでクリアーも透明感がでます。中のパーツが黒でも全然目立ってくれますね。


可動には関節技ボールジョイント(中)を仕込んでます。
FullSizeRender
ガイアはありがたいことにほぼピッタリなので、ポリキャップ仕込んでパテ埋めしただけとなります。



■ARMS 

腕部は基本的にはやることは少なめ、
後ハメが必要な箇所が多いためそれぞれ処理。

FullSizeRender

肩アーマーは赤く塗った腕との接続部分を削り落とし。
後ろのアーマーは軸を短くし、肩アーマー側もC字切り欠きして接続。



FullSizeRender

二の腕の後ハメは銀色パーツの赤く塗ったところを削り、グレー側は赤く塗ったところを切り欠いて後ハメ。


■LEGS 

脚は造形はいいものの、ちょこちょこ隙がありますのでそれを丁寧に処理します

FullSizeRender

腰回りな部分は押しピンやらヒケがなかなかあります。なので、全部瞬着で埋めてます。


台座用の穴も一応作りました。

FullSizeRender
▲ポリキャップをエポパテで固定。


脚部は膝と靴でそれぞれ延長。
膝は0.5mmプラ板の貼り付け、靴は1mmプラ板をスペーサーにして貼り付け、延長してます

IMG_8588
▲軸の周りに余裕がなく、プラ板が割れることもあります。余白を作ったプラ板をしっかり隙間なく接着してから慎重に削り出すのがポイント。



IMG_8587
▲見えなくなるところですが、一応ちゃんとそれらしいパーツにはしてます。

FullSizeRender
太ももは0.3mm幅増し、毎回脚を伸ばしますが、これやらないとか細い感じになっちゃうためですね。




■WEAPONS 

IMG_8027

武器類は基本ストレート組をしつつ、丁寧に処理することを心がけてます。
※ぶっちゃけそれが1番大変 


IMG_7799
ジャンクということもあり、スナイパーライフルはへし折れてました(泣)


FullSizeRender

短冊状に切ったプラ板を一枚一枚積層しつつ、造形を加えて復元してます。

FullSizeRender
▲幸い生きてるパーツがあるため、それを元に復元してます。


IMG_8040
▲合わせ目を堺にヒケがあまりにも大きく広い箇所はプラ板を貼ってヒケ処理



FullSizeRender
盾型のレザブレはとりあえず表面処理を丁寧にしてます。バリとか歪結構酷いので割と時間かかります。

また表の額縁と中心部分の境界や円柱パーツは彫り込みがほぼないため、しっかり彫り込んで立体感を出してます。




■DETAIL 

その他にディテール調整をちまちまやってます。

FullSizeRender

使ってるのはナイフだったりピンバイスだったら色々。



■塗装前 

FullSizeRender
全体バランスはこんな感じ。
色々武装が多いため、足回りを延長することで、全体のバランスを取ってます。



■塗装 

塗装は今回パーツを処理しながら都度塗装するという方法を取ってます。


IMG_9172

今回アクリジョンを使うのもあり、色の具合がわからないというのもあるため、テストも踏まえてこんな形にしました。

FullSizeRender

アクリジョンベースカラーは艶消し具合が強くてガサガサしすぎて均一に塗りにくいです。
クリアーを入れて艶消し具合を調整してます。

FullSizeRender
▲実際塗るとこんな感じ。


ベースホワイトは白と黄色の下地として使用(2〜3回重ね塗り)

FullSizeRender

私のような筆塗りの場合、
仮に隠蔽が高めの白でも別の白に近い色を軽く塗っとく。これをすることで何故か綺麗に塗ることができます。



IMG_9168
▲最終的にはここまで綺麗に塗れます

(上塗りはキャラクターホワイト)


完璧な下地を作らない雑な下地だったとしても、同じ色をひたすら重ねるより綺麗に塗れてしまいます。理由はよくわかりません(汗)


■筆塗りでのスプリッター迷彩 

スプリッター迷彩という、各部位が直線的な迷彩の塗装表現があります。
今回はそれを手書きしていきます。

塗装を塗った場合は塗装滲みが発生します。そのため、まずデザインナイフで浅く切り込みを入れていきます。

FullSizeRender

浅く切り込みを入れておくことで、滲んだ塗料が堰き止められ綺麗な直線を描く下準備ができます。

FullSizeRender
デザインナイフで彫った場合、軽くめくれてしまいます。
そのため1000番程度の紙やすりでめくれを取り除きます。


FullSizeRender

深くすると筋彫り感が出てしまうため、肉眼でギリギリ確認できるレベルの浅さとなってます。




それでは今回はここまで、
以降はこの記事にどんどん継ぎ足し、更新のたびに最新記事にしますので覗いてください。

それでは次回もよしなに。