FullSizeRender
デュアルフェイスは以前も作りましたが、今回はネクサス版ということで、両肩グレネードのアレです。

えっ、そのまま前作った初期版の武装変えればでよくない?って感じもするかと思われますが、なんと悲しい事に、製品版と初期版ではフレーム色が違いますので、その辺を踏まえて作っていきたいなと思います。

■基礎処理  

ACキットあるあるですがこんな感じでパーツが合いません(笑)
FullSizeRender
▲微妙にバリやガタきがあるため、



FullSizeRender
処理として凸ピンがない面にヤスリがけを軽くしてガタつきを減らします。これだけでも多少マシになりますので。


ただそれでもうまくいかないことはよくあります。

FullSizeRender
ぱっと見は消えてますが、一部合わせ目消えてないなんてことはよくあります(汗)
肉眼でも判断しにくい。


FullSizeRender
なので基本的にはそんな時はティッシュを介して傷とかないかの溝チェック。
実は素手そのままよりも判断しやすいです。



FullSizeRender
溝を見つけたらあとは瞬着の出番です。
そのままだとたくさん出るのでガムテなどの上に一旦出してから盛り付けます。


FullSizeRender
盛り付けは竹串で、こんな感じで全体の合わせ目消しをしてます。


■ヒケ処理  

FullSizeRender
ヒケがなかなかきついの多いので、紙やすりのみではどうにもならない場合瞬間接着剤を盛ってます。

IMG_5673
盛る時はマイナスドライバーを改造した金属ヘラで。




FullSizeRender
▲こんなに広範囲なヒケも瞬着処理。


■1番面倒なコア  

デュアルフェイスなどで使われてるコアパーツはとても造形が複雑な上、ガブリのラインが崩れると見栄えが悪いというなかなか難易度の高いパーツです。
しかも主要部分に合わせ目があり、その部分がズレてます。


FullSizeRender
そのため、まず弄りやすいバラバラな状態で整えてから合わせ目を消すことで、精度を出しています。

FullSizeRender
▲個体差はありますがこれくらいズレてる場合も‥(汗)

FullSizeRender

最終的にはここまで綺麗になります。




FullSizeRender

コア後部は造形の歪みが多いため修正、長くカーブした細い面を精度出すのは大変ですが、大きなパーツなので精度が出ると完成度が高まります。

可動についてもこのキットはなかなか難があり、特に肩周りが全然動きません。
そのため、肩に引き出し関節機構を設けています。
ポリキャップ埋める隙間がなさげだったので、360°から軸を押さえつけることができるエポパテブロックを作ってます。

FullSizeRender
▲作り方は片面だけにハンドクリームなどを塗り、双方にパテ盛り。貼り合わせて乾燥させて剥がすといった感じ。

FullSizeRender
▲肩がすごく動くため、派手なポーズもいけます。

■腕パーツ

拳は指がめり込んでるため、指をカットしてカットした分をプラ板で盛りました。通常よりもより自然な拳になります。
FullSizeRender


メカ部分は後ハメ

FullSizeRender
緑に塗ったとこのピンを切ればOK。

■脚 

脚パーツは基本後ハメをしつつ処理してます。

足首アーマーは赤部分のピンを切るだけ

FullSizeRender


靴部分はつま先が面倒です。
FullSizeRender
C字のパーツの切り欠きを広げて、凸ピンを少し短縮。銀色パーツの干渉部分を削りました。

一方カカトはピンを切ったのみ。


こんな感じに処理をしたらあとは塗装です。

■不足品の修理

今回も相変わらずジャンクのリペアのため、部品は足りません。

なので、おゆまるポリパテやUVレジンで複製しました。

FullSizeRender

▲UVレジンは星の雫を使用。
▲うまくやればお湯まるなどの簡易複製もこれくらいの精度は普通に出ます。


■なるべく楽をしたい塗装

ACのキットはパーツの数が多く、持ち手をつけるなどをするにもなかなか大変です。
そのため、自作の特殊な持ち手を使い一気に塗装します。
FullSizeRender
▲割り箸と竹串を合体させた自作の持ち手を使ってます。一気に塗ることができて便利。


失敗しない調色

調色をする時は失敗予防のためにまずは爪楊枝でテストしてます。
一滴ずつ垂らしてベストな配合を探っていきます。
FullSizeRender
▲木の板に養生テープを貼った自作パレットでテストしてます。

これをすることで調色ミスが一気に減ってます。

■塗装イメージ 

塗装をする上ではどんな感じに塗るかは大事な要素です。今回はネクサス版ということで、ゲーム画面やコトブキヤサンプル、その他に攻略本など色々参照してカラーパターンを決めてます。


IMG_6969
▲色分けパターンを決めた時に色々パーツも選別してます。


ゲームパターンそのままでも良いのですが、プラモとゲームでは色々形が違う部分もあります。色々妥協とかしつつ塗るのが良いかなーって感じです。

FullSizeRender
▲塗装はメインカラーの黒はラッカースプレーの黒サフです。
他の色とリタッチは全て筆塗装仕上げです。水性とラッカー双方使って塗ってます。


FullSizeRender
▲現状はこんな感じ。
装甲は黒〜濃いグレーの3色塗り分け、関節は地味めのメタリックグレー。


黒メインの機体で、アクセントの赤が入る前ですが、地味さはありません。
同型色を地味ーに塗り分ける手法により、独特な面が引き立ってるんですな。

また、全身黒いため関節の金属感はちょっと地味なくらいが丁度良く仕上がりますね。


■黒にスミ入れ意味あるの?

プラモを作る上であるあるなんですが、黒に黒スミ入れ意味あるか問題というのが割とあります。

結論から言うと意味はありまして、黒は黒でもいろんな黒があります。

なので目立ちにくいですが、傾けた時などに映えるため、意味はあるんですな。

FullSizeRender

わかりにくいですが、リペッド跡などが強調されます。


FullSizeRender
ウチではよくやる手法として、スミ入れはエナメルとシャーペンを使ってます。

シャーペンの芯をななめに削るとより使いやすいです。

■アクセントはどうする?

AC特有のデザインですが、全身にセンサーが設けられてます。
シールなどもないため大体自作シールまたは塗装となります。


今回は黒字に赤なので、まずはサフを下塗りしてその上からモンザレッドを塗装しました。

サフが隠蔽高く塗装面積が狭いとはいえ、一発で発色させようとするとムラになります。そのため複数重ね塗りして塗り上げてます。

FullSizeRender

あとはサフをしっかり乾かしてからモンザレッドを塗装。こちらも複数回に分けて重ね塗りして仕上げます。

FullSizeRender
▲ここまでくるとかなり仕上がった感でます。

■クリアーパーツは裏を塗る

クリアパーツは裏から白を塗ってます。
裏を白で塗ることでより鮮やかなクリアーの発色が見込めるからですね。

FullSizeRender

FullSizeRender

ただ、同系色のパステルカラーやメタリックカラーも良いという話もあるため、それは今後試してみたいところ。
そちらの方が隠蔽的に楽なので。


■特殊なラインはどうする?

デュアルフェイスの肩についている迎撃装置は青いラインが入ってます。
これはディテールによる塗り分けではなく、完全に手書きとなりますので塗り分けます。

FullSizeRender

今回は事前にラッカーシルバーで塗装したものを用意。
その後水性アクリル塗料で大まかに塗って、マスキングして拭き取り。その後微調整して仕上げています。

こう言うラインについては個人的に艶消しで書いた方が色々見やすいためおすすめです。

■仕上げ前は‥?

ここまで一見すると綺麗なんですが、案外はみ出しや剥がれなどがあるもの。

FullSizeRender
▲膝付近のはみ出しやフトモモ周りの剥がれがあります。

仕上げについてはひたすらはみ出たところなどをリタッチしたり調整していきます。

しかし、現状のやつそのままリタッチして塗ってもわりと別のところがまた剥がれるため、一旦クリアーで塗膜を保護。

それからリタッチを面相筆などを駆使してちまちまおこないます。

FullSizeRender
▲面相筆はタミヤのモデリングブラシプロ2をよく使いますが、ほかの面相筆でも全然OK。

FullSizeRender
▲最終的にはこれくらいの距離でもはみ出しとかなければ良いカナーって感じです。

それでは本日はここまでです。
次回もよろしくお願いします。